中古車の下取りの査定方法について

中古車の下取りの査定方法は各店舗によって異なります。そもそも下取りとは新車などを購入する際に、その料金の一部金に充足させる形でクルマを売却することで、主にディーラーや購入先のメーカー直列の販売店などで行う方法のことを指します。すなわち新しく車を購入する際に行うことです。

 

下取りの査定に関して、ディーラー系の販売店で多く用いられている方法は査定価額基準表というものに基づいて行われ、中古・新規問わずクルマの状態などを点数方式(減点法)で査定した評価点と基準表をもとに下取りの価格が決定します。この方式を用いた場合、店舗ごとに大きく評価がわかれるということは少ないですが、一方で市場価格からマージンを取る傾向が強く、ドレスアップチューンなどはマイナス評価される場合も置く、比較的額が低くなるケースが多いです。もう一つの方法としてはオートオークションでの相場をもとに行う方法で、査定する中古車に近い状態のクルマを落札した場合を参考に価格を決定します。この方法を用いた場合市場の動向にあわせた評価が算出しやすく、高額な買取が行われやすい一方で、参考情報の違いや店舗ごとの見解が大きく異なり、店舗ごとで額も大きく異なってしまうケースも多いです。

 

中古車を手放す際は、下取りを行う前に、買取専門業者を含めたより多くの店舗に依頼を行うことが最も大事です。方法の違いで、高く売れるはずだったクルマを安く売ってしまうケースも多く存在するので、そういったリスクを減らすためにも一括申し込みなどで多くの業者に依頼を行いましょう。

 

車を売る時の豆知識